写真展 “アジアの写真家たち ミャンマー”を開催【Art Gallery M84】

歌舞伎座(東京・銀座)の真裏に佇むギャラリー「Art Gallery M84」が2014年5月26日(月)よりミャンマーで活躍する新進若手写真家たちによる写真展“アジアの写真家たち ミャンマー”を開催する。同ギャラリーは「アートを展示する場、鑑賞する場、購入する場」としてだけではなく、その先にある「アートを楽しみ、アートを通じて自己表現をしたい人々が気軽に集える場所」である。

 

ギャラリーオーナーいわく「アートをもっと身近に感じてもらうため、アートを観る楽しみ、作る楽しみ、作家と作家、作家とファン、ファン同士がつながって、アートの可能性を 広げていけるような拠点を目指している」そうである。

 

 

■懐かしさのような感情を呼び覚ます作品

今回の作品展は、Art Gallery M84の第14回目の展示として実施するグループ展となる。写真文化の普及・発展、並びに写真を通じて国際交流を目的に、6月1日「写真の日」を中心に置いて5月から6月にかけて開催する「東京写真月間2014」の国際展でもある。

 

写真展“アジアの写真家たち ミャンマー”は、「キヤノンSタワーオープンギャラリー」、「新宿ニコンサロン」、「ヒルトピア アートスクエア」、「Art Gallery M84」の4か所で作品を紹介する。Art Gallery M84では、新進若手作家Soe Than Htike氏をはじめ、Zaw Min氏、Maung Ni Oo氏、の計3名によるモノクロームとカラーの作品22点(予定)を展示する。

 

ミャンマーで活躍する若き写真家たちは、黄金の国と呼ばれる情緒的な自然風景の中で人々の暮らしぶりや、その多様性に富んだ魅力を、若い感性で絵画の様な作品を制作することで独自のスタイルを作り出そうと挑戦している。

 

その中でも彼ら3名の作品は、シンプルな構成の中に心に強く響くものを感じる。国境を接する中国やインドといった別の国の影響を受けているのかもしれない。見る人の心の中に何処かしら、何か懐かしさのような 感情を呼び覚ましてくれる。そんな珠玉の作品たちが集まっている。

 

IT Life Hack 4月18日