酉島製作所、ミャンマーで上水道施設を受注

ポンプ大手の酉島製作所はミャンマーの最大都市ヤンゴンで上水道施設の建設を受注した。受注額は6億円強。ヤンゴンの総給水量の約4割を供給する施設で、2015年1月の完成をめざす。13年にミャンマーへの経済制裁が解除されて以降、水インフラ案件では日本勢初の受注となる。

 

 受注したのは日本の政府開発援助(ODA)案件。酉島はポンプの納入のほか、建屋や設備、電気工事などを含めて施設一式の建設を請け負う。新設上水道の送・配水量は日量20.45万立方メートル。

 

 ヤンゴンの上水道は施設の老朽化で断水や漏水などの問題を抱えている。既存施設を修復するよりも、新たに建設した方が安いという。

 

 酉島はこれまでスーダンやインドネシア、パキスタンなど世界各国でODA案件を受注しており、今後も新興国での受注に力を入れる考えだ。

 

日本経済新聞 5月15日