TKP、ミャンマーのヤンゴンにカンファレンスセンターを開設=海外拠点は5か国目

2014年8月15日、ホテル宴会場と貸し会議室の運営を行なう株式会社ティーケーピー(TKP)は、ミャンマー最大の都市ヤンゴンに「TKPカンファレンスセンターミャンマー・ヤンゴン」(以下、TKPCCMY)を開設した、と発表した。TKPが展開する海外拠点は5か国目となる。


TKPCCMYは、株式会社スマートコープがミャンマーで運営するビジネスセンター内の会議室になる。当施設はヤンゴンの中心部のハイクオリティー・オフィスビル「サクラタワー」内に19ブースのサービスオフィスと会議室を有し、短期貸しオフィスや法人登記など日系企業のミャンマー進出を総合的にサポートする。

 

TKPでは、この会議室と付帯サービスを「TKP貸会議室ネット」およびシンガポールや香港のTKP拠点を通じて販売する。

 

TKPは、貸会議室事業における国内ネットワークのさらなる拡充と、ホテル内宴会場の運営を柱に、ニューヨークおよびアジア各地へのグローバル展開も積極的に行なう。加えて、3つ目の柱である事業再生ビジネスを核とした新たなサービスも展開する。

 

Global News Asia 8月20日